しみやそばかすのケアは紫外線対策を徹底することから

しみやそばかすを消すために飲み薬や美白クリームでケアしよう、そう決心したら もう一つ行いたい大事な美白ケアがあります。

それは 紫外線対策です。

紫外線対策がなぜ美白ケアになるかというと、ズバリ しみやそばかすはできる前から できないように防ぐのが一番だからです。

精一杯やっても難しいから 医薬品でシミやそばかすを消そうとしている、という方も 実はちょっとした見直しで しっかりケアにつながります。

紫外線対策ということで、まずは王道の日焼け止めについて考えてみましょう。

毎日使っていても しみやそばかすが増える、という方は 使い方を見直す必要があります。

日焼け止めは 必要量よりも少なくしかつけていないと 思ったような効果が期待できません。

メーカー規定量だと多すぎるから、ということで 自己判断で少なくして使っていませんか?

少なく使った結果 シミやそばかすが増えるようでは 意味がないというもの。

少なくつけてしまう習慣がある方は しっかり塗るようにしましょう。

また、しっかり塗ると白浮きしたり 厚ぼったくなるからイヤ、という方は 別の日焼け止めを探してみるようにしましょう。

最近では 軽く使えるものや白くなりにくい日焼け止めも増えています。

そういったものを お肌にムラができないようにして塗って使うようにしましょう。

また、日焼け止めは数時間ごとに塗り直すことで 効果が持続します。

というのも 汗や洋服との摩擦で日焼け止めは落ちてしまうためです。

ウォータープルーフタイプでも油断せずに 日中に塗り直すようにしましょう。

メイクをしているから日焼け止めの塗り直しは無理、という方は メイクのファンデーションや仕上げパウダーなどでSFP値の高いものを使うようにしてみるとよいでしょう。

メイク直しの際に日焼け止め対策ができます。